電験三種 H26年 理論 問2(静電誘導)

電験三種 H26年 理論 問2(静電誘導)

問 2
次の文章は、静電気に関する記述である。

図のように真空中において、負に帯電した帯電体Aを、帯電していない絶縁された導体Bに近づけると、導体Bの帯電体Aに近い側の表面 c付近に( ア )の電荷が現れ、それと反対側の表面 d付近に( イ )の電荷が現れる。

この現象を( ウ )という。

上記の記述中の空白箇所( ア )、( イ )及び( ウ )に当てはまる組合せとして、正しいものを次の(1)~(5)のうちから一つ選べ。


ここをクリックで解答の表示・非表示

解 答

この問題は、静電誘導を理解していれば解答できる問題です。

静電誘導とは、図のように帯電体A(マイナスの電荷)を導体Bに近づけたとき、帯電体Aに近いC付近にプラスの電荷、反対側のd付近にマイナスの電荷が誘導される現象です。

静電誘導により、(ア)は正の電荷、(イ)は負の電荷が現れます。

(ウ)を静電誘導といいます。

したがって

正解は(5)