電気回路 テーブル シリウス




■ RLC直列回路のまとめ

■ RLC並列回路のまとめ

リアクタンス 数式
誘導性リアクタンス  \(X_L=ωL\)   \(X_L=jωL\)   \(jX_L=jωL\) 
容量性リアクタンス  \(X_C=\cfrac{1}{ωC}\)   \(X_C=\cfrac{1}{jωC}\)   \(-jX_C=-j\cfrac{1}{ωC}\) 

RLC直列回路
 インピーダンス  記号法  \(Z=R+j(X_L-X_C)\quad\rm[Ω]\)
 大きさ  \(Z=\sqrt{R^2+X^2}\quad\rm[Ω]\) 
 \(Z=\sqrt{R^2+({X_L}-{X_C})^2}\quad\rm[Ω]\) 
 電流  大きさ  \(I=\cfrac{E}{Z}\quad\rm[A]\) 
 \(I=\cfrac{E}{\sqrt{R^2+(ωL-\cfrac{1}{ωC})^2}}\quad\rm[A]\) 
 \(I=\sqrt{{I_R}^2+{I_X}^2}\quad\rm[A]\) 
 \(I=\sqrt{{I_R}^2+(I_L-I_C)^2}\quad\rm[A]\) 
 端子電圧  大きさ  \(V_R=RI\quad\rm[V]\) 
 \(V_L=X_LI\quad\rm[V]\) 
 \(V_C=X_CI\quad\rm[V]\) 
RLC並列回路
 インピーダンス  記号法  \(\cfrac{1}{Z}=\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}+\cfrac{1}{-jX_C}\quad\rm[Ω]\) 
 電流  記号法  \(I=E\left(\cfrac{1}{R}+\cfrac{1}{jX_L}+\cfrac{1}{-jX_C}\right)\quad\rm[A]\) 
 大きさ  \(I=\sqrt{{I_R}^2+(I_L-I_C)^2}\quad\rm[A]\) 
 各素子の電流  記号法  \(I_R=\cfrac{E}{R}\quad\rm[A]\) 
 \(I_L=\cfrac{E}{jX_L}\quad\rm[A]\) 
 \(I_C=\cfrac{E}{-jX_C}\quad\rm[A]\) 
 大きさ  \(I_L=\cfrac{E}{X_L}\quad\rm[A]\) 
 \(I_C=\cfrac{E}{X_C}\quad\rm[A]\)